CGI-BBS > 基本認証 > その他 > 「CGIでパスワード制限」をしつつIDでアクセス先を変える。


(株)友林堂
(株)友林堂


データ復旧、即日 データ¨復旧¨テラステーション¨修理

質問者 ぷー  投稿日 2004/3/6(土) 19:14:15
「CGIでパスワード制限」は、ID(&PW)の入力、及び表示させたいページの選択後、
「認証」ボタンを押すようになっていますが、自分でアクセス先を選ぶのではなく、
入力されたID(&PW)によって、違うページにアクセスできるようにしたいです。
IDによってアクセス先を振り分けるのは、「基本認証後の振り分け」が良いかと
思うのですが、「CGIでパスワード制限」と「基本認証後の振り分け」を同時に
動かす方法がわかりません。

基本的なことかもしれませんが、どうぞご教授くださいますようお願いいたします。

プロバイダ参照:http://www.mixedmedia.net/
サーバのOS:不明
パソコンのOS:Mac9
エディタ:Jedit
FTPソフト:Fetch
サーバ移転:していない
改造:していない 改造前正常動作
CGI習熟度:beginner

回答者 sim  [削除]  投稿日 2004/3/7(日) 21:58:52
CGIでパスワード制限が解らないので適当に。

ID<>PASS

などのログがあるかと思います。
これを

ID<>PASS<>URL

と分けられれば分けてしまえばいいかと思います。

認証後にprint "Location:";で指定のURLに移動させてしまえばいいのではないかと思います。

if(crypt($in{ps}) eq PASS){
print "Location: URL";
}
exit;

質問者 ぷー  [削除]  投稿日 2004/3/8(月) 19:09:46
さっそくのご返答ありがとうございました。
言葉が足りずにすいませんでした。
「CGIでパスワード制限」は、こちらのサイトの“アクセス制限”の中にあるプログラムです。
それと、同“アクセス制限”の中にある「基本認証後の振り分け」を組み合わせたかったのです。

sim様のご助言を参考にさせていただきつつ、print "Location:";をどこにいれたら良いか等
いろいろ試行錯誤したら、なんとか思った通りに動きました。

ありがとうございました。

このページは終了したので返信(回答)は書きこめません
 


データ復旧、即日 データ¨復旧¨テラステーション¨修理 Web裏技